施設ご利用の手続き・各種届

新規申請の流れ

新規申請には審査があります。下記を参考に申請を行ってください。 申請から利用料納付までの手順 検査証見本 申請に必要な書類 利用できない

使用料の支払方法

使用申請が受理されたのち、使用許可書を郵送でお送りします。同封された郵便払込取扱票で所定の利用料金を指定期限内に納付してください。
年度途中における新規使用申請については、初年度のみ月割りにてその年度末までの利用料を算定します。尚、原則として、既に納入された利用料は返還致しません。

申請に必要な書類

(1)申請書 署名、捺印済のもの1部
(2)誓約書 署名、捺印済のもの1部
(3)船舶検査証書 有効期限内の写し1部…見本画像はこちら
(4)船舶検査手帳 写し1部…見本画像はこちら
(5)登録事項通知書または証明書の写し1部…日本小型船舶機構JCI(HPはこちら)が交付したもの(一部事項証明書
(6-個人所有の場合)住民票原本1部/発行日から3ヵ月以内のもの
(6-共同所有の場合)代表者の住民票原本1部/発行日から3ヵ月以内のもの
(6-法人所有の場合)商業登記簿謄本原本1部/発行日から3ヵ月以内のもの…法務省HPへはこちら
(7)写真(船舶全体1枚、船舶検査済票番号が確認できるもの1枚、計2枚)
(8)共同所有者名簿 共同所有の方のみ

以上、8つの書類をそろえて申請してください。

※継続使用の方は、変更が無ければ(1)(2)(3)のみで結構です。
赤い文字の書類は、印刷用PDFファイルを下記からダウンロードすることができます。申請必要書類…PDFファイルへはこちらをクリック

継続申請

継続して使用される場合は継続申請が必要です。継続申請に必要な書類は毎年1月末にUWHから郵送されます。継続申請届

変更届

使用期間中に、使用申請書の内容に変更が生じた場合、速やかに「使用許可内容申請書」の提出をもって、変更内容を届出てください。使用許可内容申請書のPDFはこちら

使用許可内容申請書PDF

変更があった場合に申請が必要になる主な対象項目

(1)住所・電話番号等の変更
(2)船名の変更

注※以下の項目は変更前に必ずご相談ください。変更後ですと係留できなくなる場合がありますのでご注意ください。(3)係留場所の変更
(4)船舶の変更
(5)船舶の所有者の変更

廃止申請

施設の使用を終了する場合は、「廃止届」の提出をお願いしております。(電話でご連絡ください。説明の後、廃止届を郵送させていただきます)

廃止届 廃止届 原状復帰画像

許可の取り消し

次の場合は、許可が取り消しの対象となります。

  • 申請書類に不備または虚偽の記載があった場合。
  • 「小型船舶係留施設の使用に関する一般条件」≪PDFはこちら≫に従わない場合
  • 利用料の納付をしない場合

申請必要書類…PDFファイル

二見・西二見・播磨・尾上・西宮ボートパーク用 申請書・誓約書・・・click

p.1-2 小型船舶係留施設の使用に関する一般条件
p.3 小型船舶係留施設使用許可申請書・・・記入見本はこちらをクリック
p.4 誓 約 書

坂越フィッシャリーナ用 申請書・誓約書・・・click

p.1-2 小型船舶係留施設の使用に関する一般条件
p.3 小型船舶係留施設使用許可申請書(坂越用)
p.4 誓 約 書

船を共同所有されている方

共同所有者名簿…印刷用PDFはこちらをクリック

申請書の送り先および問い合せ先

送り先

特定非営利活動法人 瀬戸内海の水域の秩序ある利用を進める会
(※宛名書きは「NPO法人UWH」で結構です)
〒662-0934 西宮市西宮浜1丁目46番地1 西宮ボートパーク内

問い合せ先

TEL 0798-37-2080 FAX 0798-37-2084 email: info@npo-uwh.jp

ページトップへ

UWH Official Facebook

クルージングマップのご案内

広島オフィスのご案内

お役立ち情報船底防汚塗料

気象情報リンク

FRP船リサイクルシステム

ボートライセンスのご案内

海のアート海の水彩画

瀬戸内の写真

空撮写真