ボートの安全航行

海の安全航行のために、ボートに乗る前と乗ってからの確認事項をご紹介します。

ボートに乗る前 

2日くらい前から天気予報を確認します。 

  • 海が荒れたら出港しません。荒れることが分かっていれば出港しません。
  • 晴れでも雨じたく、夏でも冬じたく。暖かく風を通しにくい服を用意しましょう。

点検整備をします。

  • 船にとって水濡れは大敵です。船内に水漏れがないか確認します。
  • 冷却水、音、排気、においなどでエンジンが正常に作動しているか確認します。
  • 燃料や飲料水は余裕の量を積みましょう。

安全備品を確認します。

  • 救命具はすぐ使用できるようになっていますか。
  • 消火器はすぐ使用できるようになっていますか。
  • 工具・備品はすぐ使用できるようになっていますか。

行動計画を立てます。

  • 最新の海図を使用します。
  • 無理な行動計画は立てません。
  • 出港・帰港の届出をします。

ライフジャケットを着用します。

定員を守ります。

  • 船への乗り降りは低姿勢で。
  • 無駄な積荷チェック。
  • 火気使用は慎重に。

ボートに乗ってから

海の法規を守ります。

  • 横切り船は右側優先。
  • 出港船が優先。
  • 海技免許は必ず携帯。

海水浴場には近づきません。

  • 港内、他船の近くでは最徐行します。
  • 引き波で迷惑をかけません。
  • 海のマナーを厳守します。

漁業の妨げをしません。

  • 漁船には近づきません。
  • 漁場の魚介類は荒らしません。
  • 定置網や漁具には近づきません。

海や自然は絶対に汚しません。

  • ゴミは持ち帰ります。
  • 廃油や汚水は流しません。
  • 海は汚しません。

シーマンのエチケットを守ります。

  • 困っているときは助け合います。
  • むやみに騒いだりしません。
  • 船長の自覚をもった行動をします。

ページトップへ

UWH Official Facebook

クルージングマップのご案内

広島オフィスのご案内

お役立ち情報船底防汚塗料

気象情報リンク

FRP船リサイクルシステム

ボートライセンスのご案内

海のアート海の水彩画

瀬戸内の写真

空撮写真